日本人が知らない「睡眠ビジネス」の最前線

世界中が快適な眠りを求めている

理想の睡眠環境を求めて…(写真:oksix / PIXTA)

マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボといえば、(凡人からみると)奇想天外な未来研究が数多く行われている場所。起業家で科学者でもあるデービッド・ローズの場合、おくるみ、ベッドタイムの読み聞かせ、ハンモックを熱心に研究している。それにラベンダーオイルとコクーン(繭)も少しばかり。

そう、ローズが追求しているのは理想の睡眠環境だ。『魔法のオブジェ――デザイン、人間の欲求、そしてモノのインターネット(原題)』(2014年)という著書もあるローズは、研究室の仲間と、「くるまり感」の高い加重ブランケットを探し、アイスランドのおとぎ話に耳を傾ける。その研究は最終的に、快眠を誘う「ナップポッド」や「新しいタイプの家具」を生み出すかもしれない。

「私の場合、ウィスコンシン州北西部の家の網戸を張ったポーチで、ハンギングベッド(天井からぶら下がったベッド)に寝たときが最高だった」と、ローズは語る。「鳥の声と、もみの木を揺らす風の音。寒いからブランケットを10枚かけてたんだけど、その重みがまたよくてね。いろんなことを試しているよ」。

失われた睡眠を求めて

カリフォルニア大学バークリー校睡眠・神経画像ラボラトリーのマシュー・P・ウォーカー所長は、加齢による不眠の対策として、脳を電気的に刺激する方法を試している。そこでウォーカーが利用しているのは、快眠サポートシステム「センス(Sense)」の利用者から集めた何百万時間分もの睡眠データだ。

センスは、手のひらサイズのポリカーボネート製の球体。柔らかい光がついたときは、北京五輪の会場になった鳥の巣スタジアムの外観に似ている。センスは、寝室の空気の質など目に見えないコンディションを測定して、快眠アドバイスをしてくれる。「ひどく失われた睡眠を人類に取り戻したい。それが私の使命だ」と、ウォーカーは語る。

センスは、イギリスの起業家ジェームズ・プラウドが立ち上げたテクノロジー企業ハロー・インク(Hello Inc.)の第1号製品。ウォーカーは同社のチーフサイエンティストを務めている。

次ページ睡眠不足は万病のもと?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT