日本の通学路には鬼畜が野放しにされている

「PTA会長」というカモフラージュの怖さ

通学路には教育者にカモフラージュした変質者が野放しにされている(写真はイメージです。写真:しげぱぱ/PIXTA)
逮捕された容疑者はPTA会長だった――。先週末のニュースは全国のお父さん、お母さんを震撼とさせた。子育て相談、人生相談で人気のミセス・パンプキンは、この事件に接してどのように思ったのか。コラムを寄稿してもらった。

 

3月26日、レェ・ティ・ニャット・リンさんは行方不明になって3日目の早朝、近所の釣り人によって排水路脇の草むらで、発見されました。

遺体だったというだけでも悲惨な結末なのに、まだ寒く冷たい雨が降る中、衣服を身に着けていない姿でした。このことがリンさんの父親の悲しみをより深くしたのは、「リンちゃん、寒い」と言って棺の上にはずっと、父親の防寒ジャケットが置かれていたことでも、知ることができます。

綿密に計画して実行された、少女の蹂躙

なぜリンさんだったのでしょうか。報道によると、リンさんは家を出て、歩いてほぼ5分の位置にいる見守り員がいる地点には、到達していません。しかもリンさんは事件前、「通学路に不審な知らない大人がいた。怖い」と、同級生に訴えていたそうです。

犯人は、相当綿密に計画し、リンさんを狙っていたことが想像できます。この日を逃せば翌日からは春休みで、このわずかな死角の時間と場所を、犯人は捕らえることはできませんでした。リンさんに狙いを定め、彼女が恐怖を感じる鬼畜の目でずっと、計画を練っていたことが分かります。

ほとぼりが冷めるまでではなく、どんなに短い距離も、人通りのない道を一人通学するのは、変質者に隙を与える行為だと戒め、自衛するべきです。

どの殺人事件も特異ですが、この事件をさらに特異にしているのは、リンさんの通学路で見守り活動をしていた者が、その活動中に綿密に計画し、その立場を利用して通学時間に襲撃し、連れ去ったことです。児童の登下校の安全を見守る活動員が犯人という、前代未聞の事件を防ぐ手立てはあったでしょうか。

次ページ見守り員から守る手立てはあったのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT