子の幸福を邪魔する親には従ってはいけない

再婚に反対する母親とどう対峙するべきか

母親が再婚に反対しています。どう向き合えばよいでしょうか(写真 : HIME&HINA / PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール専用サイトで受け付けています

母親とどう対話していけばいいか悩んでいます。私は36歳で長男、仕事の関係で中部地方に10年以上住み、親は北陸地方にいます。まず私の母親は直情型で、少しでも納得がいかないと爆発します。ですから母は親戚・職場関係者とトラブルが絶えず、私は幼少期から母親が恐怖の存在で、トラウマになっています。母親がどう思うかということをつねに考えてしまう弱さからも、脱することができていません。
私は1度離婚歴がありますが、元妻と母親との確執も原因の1つです。 母親の圧倒的なパワーに私も根負けし、元妻を守れませんでした。その後親は、今度こそは自分の目にかなった嫁と結婚させて、実家(北陸)に戻るよう、積極的に介入してくるようになりました。その渦中私は、気の合う優しい方と出会いました。今度こそ私は幸せになりたいと真剣に話し合いを重ね、お互いに結婚の意思を確かめ合いました。ただ、相手にも離婚歴があり、夫側に親権がある子どもがおります。
私どもはその旨、母親に打ち明けたところ、案の定、将来、父親が育てている子どもが戻ってきて家庭環境を乱す心配や、相手のせいで北陸に戻れない可能性などを挙げて大反対され、私も一歩も譲るつもりはなく、絶縁状態に陥っています。本心はもめたくなく、親と絶縁することなど、私も彼女も望んでいません。何とか母親に認めてもらいたく、近々話し合いの場を設けようと思うのですが、感情的で譲ることを知らない母親と、どういった切り口で向き合えばよいのかわかりません。ご意見をお聞かせください。
優柔不断

助けを借りて、克服する機会とするべき

この連載の過去記事はこちら
 

優柔不断様、「母上に彼女の良さが理解される日まで、あらゆる誠意を尽くし、許されるのを待って再婚しましょう」と私が申し上げたとします。あなたたちの努力次第で、その日が来ると思われますか?

答えは100%「ノー」です。むしろ当分あなたは、親と疎遠状態で再婚生活をスタートさせる強い決意を持つべきです。同時に母親目線で自分を見て、考え、行動する性格を、今度のお相手の助けも借りて、克服する機会とするべきです。

次ページ子どもに勝てる親はいない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT