「再婚」を希望する人々が悩む法的問題とは

結婚の「4分の1」が再婚という時代が来た中で

再婚ならではの悩みとは?(写真:xiangtao / PIXTA)

過去最高を更新した、再婚の割合

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

結婚全体に占める再婚の割合は「4分の1」。厚生労働省が1月18日、2015年の人口動態統計をもとにした分析結果を公表したところ、その割合の高さにネット上では驚く声が相次いだ。厚労省の発表によれば、夫婦の双方、あるいは一方が再婚だった割合は26.8%。分析対象となった1975年以降では最高の割合となる。

再婚で気をつけたいポイントはあるのだろうか。再婚者たちに聞くと、様々な悩みがあった。

質問1)再婚の報告を「別れた相手」にしないとダメ? 
質問2)戸籍には「前妻」と「現在の妻」の名が並ぶ?
質問3)前妻の荷物は勝手に処分したら問題?
質問4)「離婚歴」を隠して「婚活」してもいい?

 

それぞれの質問について、中西祐一弁護士に聞いた。

質問1)再婚の報告を「別れた相手」にしないとダメ?

昨年、再婚したばかりのカズ男さん(37)は、価値観の相違から3年前に離婚。子どもはいなかった。最近、離婚後に知り合った女性との再婚したが「前妻にはどう報告すればいいのか」と悩んでいるという。「子どもがいないので、連絡する用事もないのですが、黙っておくリスクもあるのではないか」と考えているからだ。

回答「再婚を伝える義務はなし」

婚姻関係は離婚によって終了し、離婚後の夫婦は、基本的には完全な「他人」となります。したがって、離婚後に誰と交際しようが、結婚しようが、自由ということになります。従いまして、カズ男さんには、前妻に再婚を伝える義務はありません。

次ページ実害があるわけではないが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT