「新卒一括採用が当然」という時代は終わった

コスト削減よりマッチング精度の方が重要だ

新卒一括採用は世界的にみると珍しい、日本特有の慣習でした(写真 : kou / PIXTA)

日本型「新卒一括採用」の本質とは何なのか

この連載の一覧はこちら

4月から新社会人となって仕事始め、という方も多いでしょう。新社会人の皆様、おめでとうございます! 今回は、日本の労働環境の特殊性としてよく挙げられる、新卒一括採用について考えたいと思います。特に新入社員の皆さんが入社されるきっかけとなった日本型「新卒一括採用」の本質とは何なのかについて考える良い時期かと思います。

実は、日本の新卒採用は世界的に見ると特殊な部類に入ります。基本的に、欧米では日本のような新卒一括採用のような慣習はなく、「空いたポジションに適切な人を入れる」という感覚が一般的です。そこに、「新卒」や「中途」といった概念はほとんどありません(一部でポテンシャル採用などはありますが、例外的でしょう)。

なぜ日本では、新卒一括採用が定着しているのでしょうか。新卒一括採用のメリットとしては、採用コストを抑えられること。若年層の失業率抑制という点が挙げられます。

当然ですが、採用にはコストがかかります。広告費やデータベース掲載費、会社説明会実施費、面接担当者の人件費等々です。この点、新卒一括採用では採用時期が一度に来るため、通年採用に比べて資源を集中できます。そのため、全体としてコストは抑えられるでしょう。学生も大量に求職状態に入るので、大量に採用することも可能となります。また入社時期も共通なので、教育コストも一括で安く抑えることが可能です。

次ページコスト面だけの問題ではない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ドラの視点
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。