ヤフー「新卒一括採用廃止」、どう思いますか

肝はポテンシャル重視、入社後に育て上げる

東京ガーデンテラス紀尾井町(東京・千代田区)内にあるヤフーの本社。同社が発表した、新卒一括採用廃止の本当の狙いは何か (撮影:尾形文繁)

2016年10月3日。ヤフーは「新卒一括採用を廃止し、新卒や既卒、第二新卒など経歴に関わらず30歳以下の方を対象とした『ポテンシャル採用』を開始する」と発表した。「新卒一括採用廃止」という言葉からは、即戦力採用だけになるのでは、との誤解が生まれやすいが、実際は逆だ。その狙いは、新卒者を含めた”ポテンシャル重視”の採用をもっと強化しよう、というものである。

即戦力のみ、というわけではない

ヤフーではこれまで、大学などの新卒者を対象とする「新卒採用」と、特定の職種について他社での就業経験を持つ人を対象とする「中途採用」を行っていた。ただし、これだと募集職種の就業経験のない人は、専門分野の知識・スキルが求められる「中途採用」の枠組みからはずれてしまい、採用選考の機会はないことになる。

たとえば、金融機関で働いている人がインターネットに関心を持ったとしても、ITやWEBの専門知識が求められるとなると、応募のハードルは高くなる。一方、フィンテック(金融+技術)への関心が高まっているIT業界としては、金融の知識を持った人も必要となってきている。それらの人にも応募の機会、採用選考の機会を提供しようとするのが、今回の”ポテンシャル採用”の狙いだ。

次ページ条件は入社時18歳以上、応募時30歳以下
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT