「新卒一括採用が当然」という時代は終わった

コスト削減よりマッチング精度の方が重要だ

また、新卒採用にはデメリットもあります。最も大きいのは、学生側にとって、生まれた時代にその後の人生を大きく左右されるという点でしょう。私自身もそうでしたが、就職氷河期の学生とバブル期や現在の学生さんでは、就職のしやすさがまったく異なります。特に日本は雇用の流動性が低いため、「一度正社員ルートを外れた」場合のリスクが極めて大きいです。新卒採用で失敗してしまうと、その後のやり直しが本当に大変なものになります。

企業にとってみても、今後は労働力人口が減少する中、これまでどおりのやり方で本当に必要とする人材を確保できない、ミスマッチのリスクが高まっています。特に、病気や留学、プライベートの事情などで新卒採用を逃した人を採用することの機会喪失は、大きいでしょう。

右肩上がりの経済成長や業績向上が続いており、毎年大量に人を採用すべき時代では、一括採用方式がコスト面からも効率的でした。しかし、より企業にマッチした人材を採用すべきという「厳選採用」という現在の方向性からすれば、新卒一括採用のメリットは薄れているといえます。

通年採用のデメリットはコスト面

通年採用のデメリットは、採用・教育のコストがかかるというのが主なものです。しかし、コストをかけてでも優秀かつ自社にマッチする人材を確保すべきという考え方からすれば、通年・随時採用の門戸をもう少し広げるべきではないかとも思われます。また、学生側にとっても、通年採用であれば就職前に留学やボランティア活動などを行い、自分のタイミングで就職活動をすることができ、その結果として優秀な人材が増えれば社会としても歓迎すべきことでしょう。

では、今後日本の採用はどうあるべきでしょうか。ここで、筆者としては、「欧米をまねして新卒一括は廃止せよ!」などというつもりはいっさいありません。すでに述べたように、新卒採用には若年失業率の低下という社会的な大きなメリットがあるからです。とはいえ、目下「働き方改革」が叫ばれ、「多様な働き方」なども各企業により検討されている状況からすれば、採用もまた多様であるべきことは自然な考えでしょう。

特に、労働時間を少なくしつつ、今後の労働力人口減少に向き合うのであれば、多少のコストを掛けてでも多様な人材を獲得して生産性を上げるべき必要性は高いといえます。そこで、新卒採用は一定程度残しつつ、通年採用の枠を拡大する検討は各企業で必要でしょう。少なくとも「周りがそうだから」という企業は一考の価値ありです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT