東京ドームの母が、「野心」を脱いだ理由 モーレツ社員時代のプライドは捨てた!

印刷
A
A

モーレツ社員だった20代

岩瀬さんは、子どもができるまで、今どき珍しい「モーレツ社員」だった。

学生時代から「イベント企画の仕事がやりたい」と夢を抱き、「それならここ」と大学のゼミの先生に薦められて、東京ドームに入社。1998年に入社したときは、ちょうど遊園地の再開発の話が社内で出始めた時期で、やりたい仕事は山とあった。岩瀬さんはメンバーに選ばれると、それこそ昼も夜もなく働いた。

「同期10人が男性ばかりだったということもあって、男性が1働くなら、私は1.5は働かなければ評価されないと思って頑張ってきました」

そんな岩瀬さんを含むプロジェクトチームの努力の結晶が、温泉やアトラクションなどの融合商業施設「ラクーア」だ。2003年、同施設は爆発的にヒットし、企画当初から開発に携わっていた岩瀬さんは雑誌『日経ウーマン』の名物企画「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」のひとりに選出された。

社内の論文コンテストで「東京ドームのブランディング」について書き、最優秀賞を獲得。その功績を称えられ、海外研修をさせてもらったこともある。つねに第一線をひた走ってきた。

「仕事優先」のワーカホリックだったから、24歳のときに知り合った5歳年上のご主人との結婚は、ラクーアのオープンまで見送ったほどだ。

「私にとって、『結婚する』こととは子どもができる準備ができているということ。ですから、一段落つくまでは、結婚できませんでした」

2005年、29歳のときに結婚。いわゆる「ベビ待ち」の態勢に入った。ところが、岩瀬さんは、ここで、人生で初めての挫折を味わうことになる。

思い通りに行かなかった、「ベビ待ち」

何事にも積極的な岩瀬さんは、結婚当時、仕事の後、グロービスマネジメントスクールに通い、マーケティングや経営を学んでいた。

「施設の開発をするうえで、自分に足りないのは経営の基礎知識だと、たびたび気づかされました。そこで、会社に申請して学費を出してもらい、勉強を始めたのです」

次ページ育休中にMBAを取るつもりが…!
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT