GEの母、スーパーすぎる育児分担

自称イクメンよ、ここまでやれるか?

僕、イクメンです――。最近、そう公言する“ワーキングファーザー”が増えている。

だが、よくよく話を聞いてみると、週末に子どもと遊ぶ、家事を多少手伝うといった程度の“育児補助”に終始している場合が多く、「自称イクメンの妻」の多くは、「いいとこ取りだけして」なんて言っていたりする。

昔から存在する単なる「子煩悩」が、「イクメン」と名を変えただけの空騒ぎを感じるのだ。

そこへいくと、GEヘルスケア・ジャパンで血管撮影装置のマーケティングを担当する浅野亜希子さんのご主人は、同じ会社に勤めながら、7歳、5歳、もうすぐ1歳の3人の子どもの育児を完璧に分担する正真正銘のイクメンだ。

小学校、保育園への子どものお迎えは、ほぼ毎日、ご主人の担当。そのために、夕方5時半には会社を出ると言う。今年初めには、第三子を産んだ浅野さんが早期に職場復帰できるよう、ご主人が3カ月も育児休暇を取得してくれた。しかも、浅野家はベビーシッターなど人の手を介さず、自分たちで子育てすることにこだわる。

一方、2人はそろって、仕事では「高評価」を獲得している。

いったい、どうやって、そんなことができるのか?

支えになった、経営陣の一言

浅野さんとご主人は、2000年にGEヘルスケア・ジャパンに入社。浅野さんは営業本部、ご主人はMRIの開発に配属されて以来、共に日野市のオフィスに勤めてきた。

同期としてすぐに仲良くなった2人は、2002年、浅野さんが24歳のときに結婚。05年には、長男が誕生した。

次ページママ友とも交流できる、イクメン父
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT