GEの母、スーパーすぎる育児分担

自称イクメンよ、ここまでやれるか?

僕、イクメンです――。最近、そう公言する“ワーキングファーザー”が増えている。

だが、よくよく話を聞いてみると、週末に子どもと遊ぶ、家事を多少手伝うといった程度の“育児補助”に終始している場合が多く、「自称イクメンの妻」の多くは、「いいとこ取りだけして」なんて言っていたりする。

昔から存在する単なる「子煩悩」が、「イクメン」と名を変えただけの空騒ぎを感じるのだ。

そこへいくと、GEヘルスケア・ジャパンで血管撮影装置のマーケティングを担当する浅野亜希子さんのご主人は、同じ会社に勤めながら、7歳、5歳、もうすぐ1歳の3人の子どもの育児を完璧に分担する正真正銘のイクメンだ。

小学校、保育園への子どものお迎えは、ほぼ毎日、ご主人の担当。そのために、夕方5時半には会社を出ると言う。今年初めには、第三子を産んだ浅野さんが早期に職場復帰できるよう、ご主人が3カ月も育児休暇を取得してくれた。しかも、浅野家はベビーシッターなど人の手を介さず、自分たちで子育てすることにこだわる。

一方、2人はそろって、仕事では「高評価」を獲得している。

いったい、どうやって、そんなことができるのか?

支えになった、経営陣の一言

浅野さんとご主人は、2000年にGEヘルスケア・ジャパンに入社。浅野さんは営業本部、ご主人はMRIの開発に配属されて以来、共に日野市のオフィスに勤めてきた。

同期としてすぐに仲良くなった2人は、2002年、浅野さんが24歳のときに結婚。05年には、長男が誕生した。

次ページママ友とも交流できる、イクメン父
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT