エントリーシート、こんな書き方は逆効果だ

5分でわかる!就活ES・7つの重要ポイント

締め切り目前!エントリーシートの書き方に困っていませんか? (写真:anzphoto_Inc, / PIXTA)

本格的に就職活動がスタートして、約1カ月が過ぎました。そろそろ、エントリーシート(以下、ES)提出時期に入っています。何を書けばいいのか。これで本当に大丈夫なのか。不安はいっぱいあるでしょう。

あなたの過去、現在、未来のストーリーは?​​​​

企業がESで知りたいことをシンプルに表現すれば、あなたの“過去~現在~未来ストーリー”といえます。現在を起点に分けると、(これまでの)自己PR系の設問と、(これからの)志望動機系の設問に大別できます。

・自己PR系の設問/これまでの自分(過去~現在)を語る
・志望動機系の設問/これからの自分(現在~未来)を語る

自己PRとして、どんな「自分らしさ」を伝えればいいのか。志望動機として、自分の「キャリア軸(方向性)」をどう表現すればいいのか。この点を思案しているのなら、2017年2月25日配信記事、「『今から』始めても勝ち残れる、就活の進め方」が参考になるでしょう。

次ページまず書いてからブラッシュアップ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。