「今から」始めても勝ち残れる、就活の進め方

説明会は"朝イチ・前方真ん中"の席を狙え

就活スーツの購入など就職活動の準備はできていますか? 今から準備を始めても効率よく進めていけば十分間に合います(写真:Mills / PIXTA)

あと数日で3月です。2018卒生の就職活動が本格的にスタートします。準備が整っていない人や、志望する業界や企業が明確になっていない人、何から始めればいいのか分からない人は、「そろそろヤバイ!」と焦り始めているころでしょう。

効率よく進めればまだ十分間に合う​​​​

昨夏からインターンシップやセミナーが数多く実施されてきました。ほとんど参加していなかったあなたは、「遅れを取ってしまった」と感じているかもしれません。でも、大丈夫です!“今から始める就職活動”をテーマに、この先のお勧め「就活ナビゲーション」をまとめてみました。

まずはおおまかなスケジュールを押さえておきましょう。次ページの通り、3月から4月上旬までは、1~2週間ごとにフェーズが変わっていきます。今年も就職活動の短期化が予想されているので、企業側の採用のプロセスもめまぐるしく動いていくでしょう。

次ページおおまかなスケジュール
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。