1本60万円!高級日本酒「夢雀」とは何者か

ライバルはドンペリやロマネコンティ

松浦さんが借り上げた古民家は1日1組の料亭・鸞家に(提供:ARCHIS)

古民家の使い道は、住居だけではない。松浦さんは古民家をデイサービス施設や英会話教室として再生させるだけでなく、自社でも山口の一等地にある物件を借り、1日1組の料亭に生まれ変わらせて話題を呼んだ。

とんとん拍子、という言葉が頭に浮かぶが、実は起業してからしばらくの間、松浦さんは「どん底」だったと振り返る。起業によって私生活が破綻しかけていたのだ。

もともと結婚したとき、松浦さんが主婦になり、夫の仕事を手伝うということで互いに納得していた。しかし、松浦さんはその生活が肌に合わず、自分の判断で起業した。

ふたりは話し合い、「自分が悪い」と反省した松浦さんは1度、古民家の仕事から離れて専業主婦になったが、結局、両者の溝は埋まらないまま決裂。

詳しくは書かないが、その結果さまざまな負の要因が重なり「本当に超どん底で、明日からどうやって生きていくんやろって……」と思い悩むほど追い詰められたが、ここからが本領発揮だった。

落ちたときだからこそ攻める

古民家の再生事業で知り合い、「おんなたちの古民家」の理事についていた元商社マン、原亜紀夫氏らのアドバイスとサポートを得て、逆転をかけた大勝負に出たのだ。

「最初にやる! と思ったことをやるしかない。仕事に復帰して、もう1回、古民家の再生に懸けようって覚悟を決めたんです。それで、古民家リノベーションのモデルハウスを造ろうということで、銀行から大金を借り入れて、徳佐にある築400年の立派な古民家の大規模改修をしました。屋根と柱だけを残して内装を新築のようにして、露天風呂も作り、宿泊業の許可も取りました」

松浦さんは「落ちたときだからこそ、攻めたんですよ」と笑うが、よほど腹をくくらなければできることではない。

この賭けが吉と出る。

2013年10月、農業体験プログラムも用意された1日1組限定の貸し切り宿「旧山見邸 田楽庵」がオープン。視界一面に田んぼが広がる徳佐にできたこの先進的な古民家宿が、1本60万円の値が付く日本酒「夢雀」誕生のきっかけとなる――。

どん底時代に借り上げた古民家は、1日1組限定の古民家宿・田楽庵に(提供:ARCHIS)

(後編に続く)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。