若き「独立時計師」のクレイジーすぎる挑戦

1800万円の腕時計も通過点に過ぎない

1本を作るのに1年を要す1800万円の時計を製作する菊野
世界に34人しかいない独立時計師。30歳の若さでその称号を得た菊野昌宏がいま製作しているのは、江戸時代に作られた和時計の仕組みを腕時計に落とし込んだ1本1800万円の「和時計・改」だ。複雑極まりない機構を持つこの時計はしかし、菊野にとって通過点に過ぎない。稀代の時計職人が目指す「クレイジーな時計」とは? その後編。

 

2010年、和時計の機構を腕時計に落とし込んだ「自動割駒式和時計」を完成させた菊野昌宏。これまで誰も作ったことがなかったこの時計が、思わぬ出会いをもたらした。

世界的に著名な独立時計師、フィリップ・デュフォー氏の知人がたまたま学校を訪ねてきた際、「自動割駒式和時計」を見て、「これは面白い時計だ。写真があったらフィリップ・デュフォーさんに見せるから、何かない?」と菊野に声をかけた。

著名な独立時計師との出会い

これまで撮りためていた画像データをその場で渡すと、数カ月後、フィリップ氏から「直接、時計を見たい」と連絡があった。

実は、菊野が自衛官時代に「独立時計師になりたい!」と思うきっかけとなった、時計雑誌で取り上げられていた独立時計師こそ、フィリップ氏だった。憧れの人に会えるまたとない機会だと、その年の11月、菊野がアトリエのあるスイスを訪ねると、フィリップ氏から「非常に限られた環境で良く作ってるね」とねぎらいの言葉をかけられた。

そして、予想もしなかった誘いを受ける。

「来年のバーゼルワールド、独立時計師協会のブースで展示してみないか」

次ページバーゼルワールドとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。