1800万円の腕時計は、ほぼ手仕事で作られる

若き「独立時計師」が目指す"時計の極み"

メーカーに属さず、自らの創造力と技術で唯一無二の時計を作り出す独立時計師、菊野昌宏氏
世界に34人しかいない独立時計師。30歳の若さでその称号を得た菊野昌宏がいま製作しているのは、江戸時代に作られた和時計の仕組みを腕時計に落とし込んだ1本1800万円の「和時計・改」だ。複雑極まりない機構を持つこの時計はしかし、菊野にとって通過点に過ぎない。前後編にわけて、そのキャリアストーリーを追う。今回はその前編だ。
=本文敬称略=

 

「この時計の仕組みは、マジックハンドがグワッ、グワッと動く様子を見て、ヒントを得ました。普段から目にするもの、耳にするものを無意識に時計と結び付けていて、頭の中でカチャカチャやっている。それがカチッとはまる瞬間にアイデアが降りてくるんです」

2人の予約者が待つ1800万円の腕時計

これが「和時計・改」Photo by 市川森一

長身に作務衣を羽織った菊野昌宏は、そういうと薄く微笑んだ。穏やかな空気をまとう男の視線の先には、彼が今、製作に取り組んでいる時計「和時計・改」の原型があった。

価格は1800万円。製作期間は1本につき1年で、2人の希望者が完成を待つ。

菊野は、メーカーに属さず、自らの創造力と技術で唯一無二の時計を作り出す独立時計師だ。スイスに独立時計師協会という組織があり、厳正なる審査に合格した者だけが名乗ることを許される。世界に34人しかいないという会員数が、その狭き門を物語る。

2013年に日本人として初めて、なおかつ30歳という若さで名簿に名を連ねたのが、菊野だった。本格的に時計に触り始めたのは22歳。誰の教えも受けず、独学で時計作りを学び、わずか8年で時計職人の最高峰に登り詰めた。

次ページ銃の整備をしていた元自衛官
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。