新鮮!仕事ができる人のノートを覗いてみた

コクヨ社員が実践するちょっとしたコツ

仕事ができる人はどうノートを活用しているのでしょうか(写真 : kou / PIXTA)
仕事ができる人のノートを見たことがありますか? あまり日頃注意して見ることがないかもしれませんが、そんなところにできる人の「秘訣」があったりするものです。
たかがノート、されどノート。ちょっとした使い方の差が、積み重なると、仕事の成果の差につながっていくかもしれません。『たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術』より、おすすめの「ノートの使い方」を6つ紹介してもらいました。

1冊のノートを複数の目的で使う

スゴ技1:打合せのメモは前から書く。発想のメモは後ろから書く

コクヨのある社員は、「1冊のノートを複数の目的で使えるようにしている」と言います。

打合せ用のノート、メモ用の……などと、目的別にノートをいくつも持っている人も多いかと思います。ただ、持ち歩く際には荷物になりやすいですね。

これまでこの社員も「打合せ用ノート」と「思いつきを書くノート」を分けて2冊を持参していたそうですが、1冊に集約したそうです。

1冊をどのように複数の目的にあわせて活用するのか。その社員は「打合せのときは前から書くが、その際に思いついたアイデアなどを書き留める場合は、ノートの後ろから逆に書く」を実行しているそうです。

次ページアルファベットの初めの1文字で
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。