新鮮!仕事ができる人のノートを覗いてみた

コクヨ社員が実践するちょっとしたコツ

仕事ができる人はどうノートを活用しているのでしょうか(写真 : kou / PIXTA)
仕事ができる人のノートを見たことがありますか? あまり日頃注意して見ることがないかもしれませんが、そんなところにできる人の「秘訣」があったりするものです。
たかがノート、されどノート。ちょっとした使い方の差が、積み重なると、仕事の成果の差につながっていくかもしれません。『たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術』より、おすすめの「ノートの使い方」を6つ紹介してもらいました。

1冊のノートを複数の目的で使う

スゴ技1:打合せのメモは前から書く。発想のメモは後ろから書く

コクヨのある社員は、「1冊のノートを複数の目的で使えるようにしている」と言います。

打合せ用のノート、メモ用の……などと、目的別にノートをいくつも持っている人も多いかと思います。ただ、持ち歩く際には荷物になりやすいですね。

これまでこの社員も「打合せ用ノート」と「思いつきを書くノート」を分けて2冊を持参していたそうですが、1冊に集約したそうです。

1冊をどのように複数の目的にあわせて活用するのか。その社員は「打合せのときは前から書くが、その際に思いついたアイデアなどを書き留める場合は、ノートの後ろから逆に書く」を実行しているそうです。

次ページアルファベットの初めの1文字で
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT