苦手な仕事に「黄色」を多用すべき深いワケ

あのドトールも「色」をうまく活用している

色には大きな力がある(写真:scabetty / PIXTA)

色で仕事の成果が変わる?

職場でのコミュニケーションがうまくいかない、定時に退社してワーク・ライフ・バランスを実践したい、転職をしたいなど、ビジネスの場面に悩みはつきものです。出口の見えない問題に直面した人の中には、本を読んだりセミナーに参加したりして、解決のための糸口を探す人もいらっしゃることでしょう。

もちろん、そうした取り組みは前向きですばらしいことですが、時間もコストもかかってしまいます。もっと手軽な解決方法として、色を味方につけることも視野に入れてみるのはいかがでしょう。なぜかというと、私自身、色には大きな力があることを痛感しているからです。

私は20年間、色の専門家として、色に関するさまざまな問題を扱ってきました。企業との仕事ではコーポレートカラーの選定やパッケージにおける効果的な色づかいの助言などを行っており、個人に対しては結婚や転職といった人生の転機に色の視点からアドバイスをしています。これまでの仕事を通して、企業、個人を問わず、色を味方にしていい結果がもたらされた例を、数多く目の当たりにしているのです。

色の力を利用すれば、もっとラクに、もっと自分らしくビジネスの世界で生きていくことができます。今回の記事ではいくつかの方法をご紹介します。

次ページ「白」を活用した例
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。