コクヨ社員に聞く!方眼ノートの最強活用法

仕事の効率化のために知りたい5つのコツ

自由に書き込める方眼ノートですが、今回はその効果的な使い方をご紹介します(写真 :PRISM / PIXTA)
「仕事のできる人や頭のいい人が使っている」とちまたで評判の方眼ノート。文具のプロたちは具体的にはどう使っているのでしょうか?
日本でいちばんノートを売る会社コクヨでは、現役社員たちがさまざまな方眼ノートの使い方をしています。『たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術』より、その効果的な使い方をご紹介します。

方眼ノートは成果につながる最高の武器

近年、方眼ノートが人気です。罫線にとらわれず、自由に書き込めるという利便性を気に入る人が多いようです。

実際、方眼のマス目は、横罫に比べると主張せず、文字の大きさを変えたりするときにも邪魔になりません。また、文字だけでなく図表やイラストが書きやすいのも大きな特徴です。

特に、考えやアイデアを整理したり、図で構想をまとめたりするときにはとても便利です。どういうこと?と思われる方も多いと思いますので、具体的に以下の5つの使用法をご紹介します。

コツ1:すべての情報の一元管理にはA5サイズがおすすめ

ある社員は、打ち合わせの記録から思考整理まで、すべてA5のドット方眼ノートに書き込んで一元管理に役立てています。

コピー用紙や付箋にメモしたときは、後からこの方眼ノートにそれを貼り付けて一元管理します。A4など大きいサイズの紙の場合は、畳んで、開いたときに見やすいように貼ります。

ドット方眼は、ノートをタテにしてもヨコにしても使えるので、とても便利です。また、ドットがガイドになり、文字の配列が乱れにくく、図もキレイに描きやすくなります。

次ページ方眼ノート活用のコツ、その2
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。