「付箋+ノート」で仕事がいっきに速くなる

楽しみながらも結果が出る、文具活用術

付箋とノートの活用法をご紹介します(写真:freeangle / PIXTA)
日々何げなく使っているノートや付箋。仕事の場面で、効果的に使えていますか? 仕事が速く、成果を出す人は、自由に貼ったり剝がしたりできるという付箋の利点を活かして、効果的にノートを使っています。
『たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術』では、コクヨ社員自らが実践している「100のノート技術」を公開しています。この記事では現役コクヨ社員が現場で実践している「付箋+ノート」の一歩差がつく使い方について教えてもらいました。

付箋を使って情報を整理する

多くの人が日常的に使っている付箋。ちょっとの工夫で、大量にあふれかえる情報の整理がぐんと楽になることもあります。

たとえば仕事をする中で、何かしら引っかかりがあったこと、興味をもったこと、気づいたことがあったとします。それを付箋に書き、時系列でノートに貼っていくという使い方があります。

気になってはいるものの、その瞬間には理解できない情報もあります。それらもキーワードや短い文章でまとめて、ひたすら残していきます。俯瞰(ふかん)したり編集したりすることで、自分が何に興味をもっているのかを改めて整理でき、人前で話すときの良いネタ帳にもなります。

ここでポイントが。付箋に記入するときは、太い水性ペンを使用することをおすすめします。太いペンを使うことで文字数が限られるので、必然的に「短い文章にしよう」と意識することにつながります。

仕事では、勘や感覚だけを頼りにしていては正しい判断ができない場合も多々あります。しかし、大量の情報をマネジメントすることで、問題の解決策が見えてきます。そんなときに役立つのも付箋なのです。

次ページ複雑な情報を整理
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT