「付箋+ノート」で仕事がいっきに速くなる

楽しみながらも結果が出る、文具活用術

また、別の社員は、「付箋を使ってノート上に『思考途中』の情報を保存しておけば、あとで再開しやすいので便利」と話します。

その社員は、スケッチを描くことも多く、ノートを斜めに使いたいときもあるので、罫がまったくない無地ノートを使っています。サイズは、カバンに入れやすいB5サイズ。広げて使えばそれなりの大きさになるので、付箋を使った「ひとりブレスト」をするにはもってこいです。

ひとりブレストは、ノート上に小さな付箋を貼って行います。書き込んでは貼ったり、剝がしたり……。集中する作業が終わった後も、ノートに付箋を貼ったままにしておくと、スキマ時間に再検討できたり、別プロジェクトで活用できたりすることもあります。

先輩がアドバイスを書いてくれた付箋も、すべてノートに貼って残します。こうすれば忘れることもなく、自宅や外出先で見返すことも容易になります。

小さなカラー付箋で見出しをつける

付箋は情報のインデックスとしても活用できます。この活用の際は、土台となるノートの選び方を工夫すると効果的です。

ある社員は、議事録やメモなどは、A5サイズの横罫ノート(B罫)を使い、開発や研究業務ではA4の方眼ノートをヨコ長にして使います。出張などの場合は、コンパクトな測量野帳も携行。屋外で片手に持ちながら筆記する用途で開発されただけあって、持ち歩きに便利です。測量野帳は、以前、試作したカバーに入れて持ち歩きます。このカバーをつけていると、中に名刺が入れられ、付箋をたくさん貼り付けられるのです。

ノートは基本的に、時系列で書いていく人が多いでしょうが、たいていいくつかの案件を並行してこなしていくため、同じ案件があちこちに記録されてしまいます。そうなると、どこに何を書いたのか見つけるのはなかなか手間です。そこで、小さな付箋で見出しをつけ、目的のメモを探しやすくします(A案件はピンク、B案件はイエローなど)。色をたどれば、目的のメモをスムーズに見つけられる、というわけです。

次ページアイデア出しなら「A4サイズ」のノート
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。