ボールペン次第で仕事の効率はグンと高まる

文具のカリスマがこっそり教える厳選3種

たかがボールペンでも使うものによってはパフォーマンスも変わってくるかもしれません(写真 :Graphs / PIXTA)
仕事や勉強のシーンで、どんな文具を使うかによって、パフォーマンスやモチベーションも変わってくるに違いない。では、何を使えばよいのか。
日本最大の文具展示会ISOTの事務局を務め、現在は文具の新商品企画や売り場のコンサルティング・プロデュースなどを行っており、近著『仕事文具』が話題の文具界のカリスマ・土橋正氏が、あえて選んだ「単機能ボールペン」の逸品を紹介する。

 

ボールペンといえば、何色も使える多色タイプやシャープペンも搭載した多機能タイプが人気だ。以前は私も多機能タイプを好んで使っていた。外出の際に荷物を増やしたくない時などは確かに便利だが、デスクワークではもっぱら単機能なペンばかりを使っている。

「選ぶ」作業が必要ない

仕事の創造性を高め、あなたのパフォーマンスをアップさせる全235アイテムをビジネスシーンごとに紹介した「文具のトリセツ」(書影をクリックするとアマゾンの販売ページにジャンプします)

いちばんの理由は、作業に集中できるからだ。書く前に色を「選ぶ」作業がいらない。 単機能ペンは、ノックしたりツイストしたりすればすぐに書ける。多機能と違って機能はひとつしかないので、他のことにまどわされずに、ただただひとつの作業に集中できる。私は単機能ペンを持つと、その作業のためのスイッチがカチッと入るのを感じる。

また、逆説的だが、単機能なペンを持つと脳は多機能になるのを感じる。多機能ペンのように、どのペンを出そうかといったわずらわしさから解き放たれるので、その分、脳は本来の仕事をするということだけに集中させてくれる。そんな集中力を高めてくれるオススメの単機能ボールペンを3本紹介したい。

次ページ水性ゲルインクボールペンでおすすめしたい1本 
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT