甲子園で「応援に回る」球児が五輪で輝く未来

野球部から「タレント発掘」身体能力に期待大

ターゲット設定とは、言い換えれば競技と人材をいかに適切にしぼりこむか、ということだ。先ほども述べたように、東京都の場合、ボート、ボクシング、レスリング、ウエイトリフティング、自転車、カヌー、アーチェリーの7競技が対象だ。これは、下に示す3つの観点から戦略的に選ばれている。

●競技人口が比較的少ない

●高校から始めてもトップを目指せる

●競技団体の協力が得られる

東京都の取り組みは、中学校1~2年生がそれまで学校の部活動等で行っている競技から、競技人口が少なく、かつ当人の適性が高いであろう競技と引き合わせ、新たな競技への転向を図るプログラムである。

競技人口が膨大なメジャー競技は、一般的にはタレント発掘には適さない。そもそも競争が激しく、仮にトップレベルになれる素材だとしても、そこにたどり着くまでにかなりの時間がかかるからだ。メジャー競技の場合、もし発掘するとしてもかなり低年齢層をターゲットにすることになる。どちらかといえば低年齢からのエリート教育に近いイメージだ。

しかし、競技人口が少ない競技の場合、身体能力に優れていて競技への適性が高ければ、始める年齢が比較的高い場合でも、ヘレン・グローバー選手のように、かなりの短期間でトップレベルに達する例がある。

もちろん、上に挙げた3つの条件は1つの戦略の例である。たとえば、目標がオリンピックでの「メダル獲得」なのか、それとも「出場」なのかや、習熟するまでの最低限の年数がどの程度なのかなどによって、対象とする競技や年齢も変わってくる。

東京都のタレント発掘の場合、このような戦略がしっかりしていたために、これまでに多くの成果を出すことができたのだと考えている(下表参照)。

次ページ「タレント発掘」の何が難しいか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT