デキないオトコが「専門性」を持ちたがるワケ

専門性より大事な新「読み書き算盤」とは?

「海外で仕事をしたいんですが、英語が出来ないんです」
「ばりばりと資料を作りたいんですが、パワポやエクセルがうまく使えないんです」
「コンサルの『会計的思考』を身に付けたいので、まずは簿記3級から始めないと……」

専門性は、仕事をしながら身に付けるもの

○○を習得していないから、やりたい仕事ができない。DFDNオトコは、「英語・IT・会計」を「自分ができない理由」にしがち。デキるひとは「できない理由」にしない。こうしたスキルは、やりたい仕事に挑戦した結果、仕事をしながら身に付けていこうと考える。ここが、デキるかデキないかの分岐点のようです。

では、デキる人が考える「読み書きそろばん」とは何でしょうか。

(写真:Monet / Adobe stock)

読み→コミュニケーション
 書き→デザイン
 そろばん→経営的な視点

デキるひとは、やりたいコトを実現するために、周りに想いを伝えて、共感して、動いてもらうためのスキルが必要だと考えていました。「読み書きそろばん」とは、基礎的なスキルを身につけること。DFDNオトコがあこがれるのは、自分だけの生産性や価値向上を目指すスキルです。そして、「周りを動かす」スキルを目指すのが、これからの「デキる人流」のやりかたのようです。

「英語・IT・会計」が社会人の必修科目。この10年前の発想は、デキないオトコにとって「コレさえやれば大丈夫」と、心地よかったのかもしれません。一方、デキるひとはむやみに「専門性」を高めるのではなく、やりたいことの実現を目指す。つねに自分の状況に合わせて変化させる柔軟な姿勢がうかがえます。

建築という究極の専門分野で巨匠と呼ばれたある人物の言葉を思い出しました。

専門家とは、自分が知っているが故に考えることをやめてしまう人だ。
〜フランク・ロイド・ライト
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの統計の裏側
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。