不倫相手に「デキないオトコ」が選ばれる理由

実は「ハイスペック育メン夫」に苦しんでいる

「女は家にいて、家事と育児をしてこそ幸せ」という意識を持つ夫はまだ存在するようだ(写真:マハロ / PIXTA)

都会に住む既婚女性の不倫事情を取材し続けている。結婚して、仕事もして、子育てもしているのに、夫以外の男性との逢瀬を楽しんでいる女性は、想像以上に多い。

2006年ごろにコラムニストの深澤真紀さんが使い始めたとされる“草食男子”という言葉は、恋愛や人生に積極的な女性を指す“肉食女子”とともにあっという間に一般名詞になった。アメリカのテレビドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」(1998~2004年)も社会現象になり、従来の日本の女性観だった、男の支配下で欲望を抑え自己犠牲を重ねることがいい女である、という常識を粉砕した。

この連載の一覧はこちら

とはいえ、何百年も続いてきた常識が根絶することはない。独身時代は肉食女子でいられても、結婚して夫と生活を同じくすれば、そうではなくなる。子どもを産み、夫やその家族から旧来の常識を押し付けられ、その理不尽さに苦しむ人も少なくない。その結婚の不平等条約ともいえる、積もり積もった鬱積が爆発すると離婚に至る。厚生労働省が発表した人口動態統計によると、2016年における日本国内の離婚件数(推計)は21万7000件で、約3件に1件以上が離婚していることになるという。

一時期、離婚を本気で考えたけれど、自分自身が不倫したことがきっかけで、踏みとどまったという女性も多い。

夫は育児に積極的だが……

「共働きなのに、保育園の送り迎えは私、飲み会で遅くなって文句を言われるのは私、義母(専業主婦)から“息子が稼いでいるんだから、あなたは働かなくてもいいんじゃない? 子どもがかわいそう”と言われるのは私。夫は育児を積極的にしているほうだと思います。でも、“女は家にいて、家事と育児をしてこそ幸せ”という意識が会話の根底にあります。だから全然、話がかみ合わないんですよ。夫は仕事のグチを私に言うけれど、私が夫にそれを言おうものなら“辞めれば? 生活できるんだし”とバッサリ。夫婦ゲンカする気力もなくなり、離婚かもと思ったときに、大学の同級生に言い寄られエッチしたことで、すべてはチャラになった感じがしたんですよね」(38歳・メーカー勤務・年収550万円・娘9歳)

次ページこの女性の夫の年収は……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
仕事が遅い人が「良いと信じている3大悪習慣」
仕事が遅い人が「良いと信じている3大悪習慣」
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT