うんざり!「紋切り型」就活トークは通じない

人事担当者が就活生に贈る事前アドバイス

「求める人物像」には書かれていない、採用担当者が本音で就活生に準備してもらいたいこととは? (写真:ふじよ / PIXTA)

就職活動とは、学生が企業を選び、企業からも「将来が楽しみな人材」として選んでもらうことである。しかし、企業から選んでもらうための具体的な指針は、ほとんどない。

3月までに学生が準備しておくべきこと

多くの企業は採用ホームページで”求める人物像”を明言しているが、「コミュニケーション能力」「チャレンジ精神」「誠実で前向き」「論理的思考能力」「好奇心と向上心」など、どれも表現が抽象的だ。企業が公式に使う言葉はきれいだから、中身が見えてこない。だが、企業の採用担当者は、本音では就活生にいろいろなことを期待している。

そこで今回、HR総研が2016年11月に実施した、「2017年新卒採用最新動向調査」から、企業の採用担当者向けに聞いた「3月までに学生が準備しておくべきこと、やっておくべきこと」を紹介していきたい。採用担当者がどんな姿勢で学生に来てもらいたいかが見えてくるだろう。

コメントを見ると、学生に3月までに準備してもらいたいもので最も多かったのが、「自己分析」だ。

次ページ自己分析を求める声が多数
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT