就活同然!過熱する「冬のインターンシップ」 企業は前のめり、学生は売り手市場で様子見

✎ 1〜 ✎ 225 ✎ 226 ✎ 227 ✎ 最新
拡大
縮小
2016年12月に東京ビッグサイトで開催された「リクナビインターンシップLIVE東京」。インターンシップへの関心は高いが、参加をギリギリまで躊躇する学生が多いという (撮影: 梅谷秀司)

3月1日は「企業の採用広報活動解禁日」で「就職ナビサイトの本オープン日」「採用情報の発信日」となっている。が、それまでの就職活動準備の一翼を担っているのが、「冬のインターンシップ」だ。

ここ最近は企業側が2月頃、短期のインターンシップを開催するケースが増えている。

就活解禁までの”空白期間”を衝く

インターンシップは、学生の夏休みを利用して、7月~9月頃に開催されるケースが主流だった。しかし、2年前から採用スケジュールが変更され、採用広報の解禁時期が12月から3月へと変更になった。

すると期末試験終了後の2月は、学生にとっては大きな学業イベントもなく、就活も本格化する前という、”空白期間”が生まれる結果となった。この期間をうまく活用できないかということで、冬にインターンシップを開催する企業が急拡大していく。期間についても、夏の場合は5日以上が多いが、冬は1~2日程度の短いものが多くなっている。

次ページ冬開催が増えた理由とは
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT