就活同然!過熱する「冬のインターンシップ」

企業は前のめり、学生は売り手市場で様子見

2016年12月に東京ビッグサイトで開催された「リクナビインターンシップLIVE東京」。インターンシップへの関心は高いが、参加をギリギリまで躊躇する学生が多いという (撮影: 梅谷秀司)

3月1日は「企業の採用広報活動解禁日」で「就職ナビサイトの本オープン日」「採用情報の発信日」となっている。が、それまでの就職活動準備の一翼を担っているのが、「冬のインターンシップ」だ。

ここ最近は企業側が2月頃、短期のインターンシップを開催するケースが増えている。

就活解禁までの”空白期間”を衝く

インターンシップは、学生の夏休みを利用して、7月~9月頃に開催されるケースが主流だった。しかし、2年前から採用スケジュールが変更され、採用広報の解禁時期が12月から3月へと変更になった。

すると期末試験終了後の2月は、学生にとっては大きな学業イベントもなく、就活も本格化する前という、”空白期間”が生まれる結果となった。この期間をうまく活用できないかということで、冬にインターンシップを開催する企業が急拡大していく。期間についても、夏の場合は5日以上が多いが、冬は1~2日程度の短いものが多くなっている。

次ページ冬開催が増えた理由とは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?