のんびりわが子の「就活スイッチ」の入れ方

「売り手だから余裕」の話を過信してはダメ!

年末年始に子どもと就活について話ができましたか?(写真:xiangtao / PIXTA)

就職活動中の子どもを持っている親御さんは、この年末年始、ちゃんと就活について話ができましたか。「まだ大丈夫!」「今年は余裕だから」といった話を、過信しすぎてはいませんか。

「子どものままでは採用できない」と人事担当者

確かに、ここ数年は売り手市場(学生優位)が続いており、今年(2018年卒採用)も、昨年(2017年卒採用)と同程度の採用環境になると予想されています。

しかし、文部科学省が発表する「学校基本調査」の大学卒業者の進路状況を見ると、どんなに売り手市場でも、7~8人に1人がニートやアルバイト、非正規就労者という結果になっています。採用ニーズはあるのに、なぜなのでしょうか? 要因はさまざまにありますが、そのひとつとして、ある人事担当者は「子どものままでは採用できない」という言葉で表現していました。

多くの学生は、自分を大切に守ってくれる大人ばかりに囲まれ、生活しています。リスクを排除してくれる社会サービスも充実しているので、子どもっぽさを強く残したままの学生も少なくありません。また、消費者としての目は肥えていますが、提供者側のビジネス社会には驚くほど興味がなかったりします。就職先の希望を聞いても、現実的でない甘いイメージや、相手に期待する受け身の要望が目立ちます。

次ページ甘い就職希望の例
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。