のんびりわが子の「就活スイッチ」の入れ方

「売り手だから余裕」の話を過信してはダメ!

たとえば、こんな感じです。
・書くことが好きなので出版社かマスコミ関係かな。
・ゲームが得意だから、それを活かせる仕事がしたい!
・自分を見守って、育ててくれる会社がいいな。
・自分に向いている仕事を教えてほしい。

いくら能力が高くても、学歴がよくても、子どもっぽさを多く残したままでは苦戦するでしょう。就職できたとしても、職場ですぐに行き詰まってしまいます。ある程度は実社会にアジャストした大人のコンピテンシー(行動特性)を形成させる必要があります。

本格的な就職活動を直前に控えたこの時期、親は「社会人の物さし」となって、適切な行動、労働条件の相場観、企業内コミュニティの様子などを伝えるとよいでしょう。そうすることで自分を実社会にチューニングさせたキャリアイメージを持てるようになるはずです。

就活スイッチの入り具合を確認

とはいえ、この時期に親から就職の話をふられることを、子どもはどう感じているのでしょうか。知り合いの学生17人に「年末年始に親から就活の話を振られるのはOKかNGか」を訊いたところ、OK47%、NG53%と、NGが若干多い結果となりました。回答数は少ないですが、この結果は皮膚感覚としても納得できます。積極的に話をしたいわけではないので、いきなり親から「もうすぐ就活でしょ、大丈夫なの?」と声をかけたところで、「うん」の一言で終わるか、口をつぐんでしまうのがオチです。そもそも、どういう状況なら大丈夫なのかが分からず、不安を感じている学生がほとんどです。

まずは、子どもの様子から、就活スイッチの入り具合いを確認しましょう。参考になりそうなチェックポイントをいくつかあげておきます。

髪型や色
・男性/短髪、黒髪になっているか
・女性/落ち着いたトーンの髪色か

持ち物
(キャラクター物など
社会人としてふさわしくない物を使っていないか)
・ペンケースや文具
・スマートフォンケース
・腕時計 など

身だしなみ
・リクルート用のカバンを持っているか
・男性/白いワイシャツを複数枚持っているか
・女性/派手なネイルをしていないか

次ページ違和感ある外見・態度は指摘を
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT