就活同然!過熱する「冬のインターンシップ」

企業は前のめり、学生は売り手市場で様子見

背景には採用スケジュールの短期化がある。経団連が作成する「採用選考に関する指針」では、2016年から採用広報活動解禁日が3月1日、選考活動開始が6月1日となり、その間”わずか3カ月間”という短い期間になった。また多くの企業が内々定出しを6月の早い段階で行っている実情もある。

優秀な学生を確保したい企業側からすれば、その短い採用広報期間では認知度が上がらず、学生に知られないまま採用活動が終了してしまう可能性が高い。そこで、なるべく早い段階から就活生と接触し、企業名と仕事の中身を知ってもらおうと、インターンシップを活用する動きが進んでいるのだ。「各社採用意欲が高く、早く動かなければ学生を確保できない、という危機感が採用担当者にはある。冬のインターンシップの開催増はその代表的な動き」と、採用コンサルタントの谷出正直氏は語る。

事実上の会社説明会、選考活動も

企業が採用手法としてインターンシップに着目している動きは、数字にも表われている。マイナビが2016年12月に発表した「2017年卒マイナビ企業新卒内定状況調査」によると、次年度(2018年採用)に重点を置く採用手法として、回答の伸びが一番大きかったのが(複数回答)、「インターンシップの受け入れ」。前回の同じ調査では34.1%だったのに対し、今回は41.5%と、「合同企業セミナー」(36.9%)を抜き、「学内セミナー」(52.7%)や「特定学校への訪問」(42.7%)に次ぐ水準となった。

インターンシップを開催する企業も増加しており、リクルートキャリアによると、6月1日時点でリクナビサイト内にインターンシップ情報を掲載する社数は、2015年(2017年卒採用向け)の3933社に対して、2016年(2018年卒採用向け)は5562社。実に1.4倍にまで膨れあがっている。

あくまでも”就業体験”が目的とされているインターンシップだが、事実上の会社説明会や、場合によっては選考活動の一環と位置づけられているケースもある。2016年7月7日の配信「インターンシップは就活を成功させる近道だ」にあるように、多くの内定者から「インターンシップが内定に結びつくケースがある」との証言が出ている。エントリーが免除されたり、インターンシップ経由の採用を事実上行ったりする企業もある。

次ページ学生が集まらない企業も・・・
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング