飲み会でバレる「人として二流」な人の4欠点

「ウザすぎる人」が多すぎ!あなたは大丈夫?

最後に、つい先日私がおかした「飲み会の大失敗」を、年末のざんげとともに紹介させていただこう。

気づいたら、チキンの唐揚げの骨が…

先日の飲み会のあと、二次会として行った大好きなビールバーで、ビールを飲みすぎて酩酊状態になってしまった。おカネを払ったのかも、どうやって帰ったのかもまったく記憶がないまま、朝起きると、なんとマンションの廊下に倒れていた。

起き上がろうとしたら足のあざと鈍痛に気づき、洗面台にいくと記憶にないチキンから揚げの骨が散乱していたのだ。

グローバルエリートかどうかと、酒癖は関係ない。たかだか1回の飲み会で、その人の二流の本質が悲しいまでに露呈されてしまうことを、わが身をもって警鐘を鳴らしたい。

今後、飲み会を開催される際は、人選を間違えず、店選びで参加者への敬意を示し、そして最後に酔いつぶれて「お酒に飲まれる二流」にコロコロ転落しないことが、一流の飲み会には必須条件といえよう。

一言で言えば、「そんな飲み会を開くよりマシなことがたくさんあったのでは?」という、機会費用を下回る飲み会を開催するのは、自分にとっても参加者一同にとっても、恥ずべき迷惑行為だと肝に銘じることである。

さて、これが今年の最後の記事となった。「今年を漢字一文字で表すと何か」という話題が増える季節だが、私流に一文字でまとめれば、いうまでもなく、それは「恥」である。

2016年、私たちは、メール1本メモひとつ話し方服装デートなど、日常の端々ににじみ出る「恥ずかしい二流の特徴」に関して、時に炎上しつつ、そして時には大炎上しつつ、ともに考えてきた。

これら一連の「世直し活動」を通じて、この社会が十分、「恥を知る社会」に大変革を遂げたことを、私は誇りに思っている。

2017年もまた、私・グローバルエリートと、その読者のみなさんであるグローバル・リーダー(readers)で、前向きにスッキリ元気になれる「最強の働き方」を、これからも一緒に考えていきたい。

みなさんにとって幸多き、それはそれはおめでたい1年になることを心より祈念しつつ、2016年最後の記事を締めさせていただきたいと思う。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT