「飲み会」は実はお互いにとって重荷です

仲良くなりたいならこの3つをやめよう

コミュニケーションを取る際のテクニックや、気をつけたいポイントとは?(写真 : taa / PIXTA)

何か疎外感を感じる、なぜか話が盛り上がらない、うまく話がかみ合わない――。コミュニケーションに対する不安はつきません。これらの不安は誰もが抱えることであり、完全になくすことはできません。でも、コツさえつかめば、誰でも簡単に自信を持つことができるようになります。

コミュニケーションの取り方には、テクニックもあります。たとえば、

・適度に質問を投げかけ、心地よい会話のキャッチボールになるようにする

・食事やイベントなどに積極的に誘う

・相手が不快に感じないような、物理的な距離感を意識する

などです。

うまくいかないときはこの3つに気を付けよう

しかし、そこには意外な落とし穴もあります。これらを試してみても、うまく打ち解けられない、途中までうまく話せていたのに突然会話がぎこちなくなった――。理由が分からず、困惑したことがある人も多いのではないでしょうか。しかし、以下の3つに留意するとぐっとコミュニケーションがうまくいくはずです。その3つとは、

・目に見えないことは聞かない
・自分からは誘わない
・パーソナルスペースを気にしすぎない

 

です。それでは、ひとつずつ説明していきます。

次ページ目に見えないことは聞かない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。