日本型エリートが留学で得た、英語術の真髄

「発音が通じない!」大ショックの後に…

鬼頭:アウトプットであるスピーキングとライティングは、どのように勉強されたんですか?

山口 真由(やまぐち まゆ)1983年札幌市生まれ。東京大学法学部在学中に司法試験合格、首席で卒業後の2006年に財務省に入省。2009年から2015年まで大手法律事務所で弁護士として勤務。2015年に米ハーバード大ロースクールに留学。テレビ出演、執筆などに幅広く活動している。

山口:スピーキングって練習のしようがないところがありません? TOEFLのスピーキングってその場でテーマを与えられて30秒マイクに向かって話すみたいな感じじゃないですか。問題の内容と回答形式も、私たち日本人には不慣れなものです。

私の時に出された問題は、「人生最後の日に何をするか」とか「結婚相手に求める条件」とかでした。これって日本語でも答えるの嫌じゃないですか(笑)。隣に違う人が試験を受けているという状況で、独り言のようにテーマについてつぶやいていくという経験を、われわれ日本人は慣れてきてないんですよ。あれを付け焼刃で何とかするというのは、そうとう難しいなと感じました。

鬼頭:確かに。今TOEFLってIBT形式になっているので、隣の人が始まる時間や科目が違ったりするんですよね? その中でマイクにつぶやくって恥ずかしい(笑)。

発音の難しさを、どう乗り越えたか

鬼頭:実際に現地に行ってから、ご自身の勉強したことって通じましたか?

山口:もともとスピーキングはできないと思って現地に行ったんですが、思っていた以上に私の言っていることが通じなかったですね。単語自体の意味も読み方もわかっているのに、実際に発音すると誰もわかってくれないという現実がありました。

たとえばサマースクールで、「多文化を理解するために重要なことは何ですか」と言われて、「curiosity(好奇心)」と「empathy(共感力)」って言ったら、まったくもって私の発音を先生が聞きとってくれない。自分では、いいこと言ったなって思ったのに。でもそのショックな経験って、私が現地で得たいちばん大きな収穫でした。

鬼頭:私も発音自信ないですね……。でも発音って一朝一夕に直らないじゃないですか。そのシチュエーションってどのように打破されたんですか? 単語を言い換えたとか?

山口:言い換えられる語彙力があったらよかったんですけど、本当になす術がなかったです。そのときに「ああ、自分は日本で『なんちゃって英語』をしゃべってたんだ」という事実に初めて気づきました。それが世界で通じるというわけではなく、「日本にいるネイティブは、日本英語に慣れた人だったから理解してくれていた」という現実を、自分自身で認識しました。

そういう自分の意志を表現できない経験って、物心ついて以来初めてだったんですね。そのときに本当に心の底から、英語を学ぶ必要があるんだと感じました。こういうショッキングな経験は、誰しも必ず一度は必要だなと感じました。

鬼頭:発音の難しさは、どのように乗り越えていったんですか?

山口:まず練習するうえで、大きなポイントをいくつか探しました。探しだしたいちばん大きなポイントが、強弱。英語って本当に信じられないくらい強弱があるんですよ。ネイティブの人が横で話しているのを聞くと、「え、本当に?」って聞き返したくなるくらい。

次ページ英語の発音を良くするコツとは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT