宇野選手が男子SPで首位発進、ロシア杯

自己ベストの98.59点を獲得

 11月4日、フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦、ロシア杯男SP、宇野昌磨が自己ベストの98.59点を獲得し、首位スタートを切った(2016年 ロイター/Grigory Dukor)

[4日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、ロシア杯は4日、モスクワで競技を行い、男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨が自己ベストの98.59点を獲得し、第1戦のスケートアメリカに続くGP2連勝に向けて首位スタートを切った。

宇野は「完璧ではなく課題もいくつかあるが、全体的にいいパフォーマンスだった」と述べた。

田中刑事は69.13点で10位に。世界王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン)が91.55点で2位。ミハイル・コリヤダ(ロシア)が90.28点で3位につけた。

女子SPではアンナ・ポゴリラヤが73.93点でトップにつけ、2位にエレーナ・ラジオノワ、3位にユリア・リプニツカヤと地元ロシアの選手が続いた。日本勢では松田悠良が61.57点で7位、村上佳菜子は55.25点で10位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。