宇野選手が男子SPで首位発進、ロシア杯 自己ベストの98.59点を獲得

拡大
縮小
 11月4日、フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦、ロシア杯男SP、宇野昌磨が自己ベストの98.59点を獲得し、首位スタートを切った(2016年 ロイター/Grigory Dukor)

[4日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、ロシア杯は4日、モスクワで競技を行い、男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨が自己ベストの98.59点を獲得し、第1戦のスケートアメリカに続くGP2連勝に向けて首位スタートを切った。

宇野は「完璧ではなく課題もいくつかあるが、全体的にいいパフォーマンスだった」と述べた。

田中刑事は69.13点で10位に。世界王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン)が91.55点で2位。ミハイル・コリヤダ(ロシア)が90.28点で3位につけた。

女子SPではアンナ・ポゴリラヤが73.93点でトップにつけ、2位にエレーナ・ラジオノワ、3位にユリア・リプニツカヤと地元ロシアの選手が続いた。日本勢では松田悠良が61.57点で7位、村上佳菜子は55.25点で10位だった。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT