20代女子の心をつかめ! ジーユーのO2O 社長公認“いたずら班”が仕掛けるやんちゃ体験

✎ 1〜 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 最新
印刷
A
A

2013年1月は、お正月おみくじキャンペーンを4日間実施した。消費者がアプリを立ち上げて、スマートフォンを5回シェイクする(振る)と、抽選で各日1000人に、「990円ジーンズ」が当たる。

1月に実施されたおみくじキャンペーン

翌2月は、バレンタインキャンペーン。アプリを立ち上げると表示されるハートのマークをスクラッチする(指でこする)と、抽選で5人に1人にランジェリーの無料引換券が当たるというもの。

3月には、 新しいブランドロゴの認知を目的としたキャンペーンを実施。ポスター、ウェブサイト、看板など、「GU」の新しいロゴにアプリのカメラをかざすと、サイコロが出現。サイコロをクリックすると、100円クーポンが当たるというものだ。

3~4月は冒頭の990(キュッキュー)キャンペーン。5月は、母の日のキャンペーンを行った。日頃の感謝の気持ちを、思い思いの表現を加え、メールやLINEなどで母親に送る。メッセージカードをスクラッチすると、5人に1人、100円割引クーポンをプレゼントした。

これらのキャンペーンの参加者は、いずれも40万人以上を数えたというから驚く。

最新技術を見せつけない!

実は、一連のキャンペーンは、スマートフォンの最新機能を駆使したものだ。たとえば、叫んだ言葉を識別する「音声認識技術」、シェイクの回数を判別する「加速度センサー」、ロゴを認識する「AR技術」など、IT技術の水準は高い。

しかしジーユーは、消費者にはこうした最新技術を一切伝えず、意識すらさせない。

「新しい技術をいかに消費者に見せつけないかがポイント。楽しみ、感動を与えることをとにかく重視している。最新の技術やメディアそのものが価値を生むわけでは決してない」と萩原氏は強調する。

顧客にアピールするのは、楽しさや感動。IT技術を見せつけることには何の意味もない。

消費者からは、企画への参加方法や操作法がわからないといった声は、いっさい上がっていないという。

次ページネタ作りを楽しむ
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT