20代女子の心をつかめ! ジーユーのO2O 社長公認“いたずら班”が仕掛けるやんちゃ体験

✎ 1〜 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 最新
拡大
縮小

技術を翻訳する力

O2Oの戦略はないと言いながらも、スマートフォンを軸にしたコミュニケーションには、今後も力を入れて取り組む方針だ。

ジーユーの荻原氏

「スマートフォンは、ポテンシャルが非常に高い。最新技術をフルに活用することで、スマートフォンを触り始めた消費者に感動を与えることができる。その体験が新しければ新しいほど、ジーユーというブランド自体を新鮮に感じてもらえる」と、萩原氏は期待を込めて話す。

スマートフォンの取り組みでは、消費者一人ひとりに、自ら能動的にブランドに関与、参加してもらえる。消費者とブランドの会話につながる。ジーユーのファンになってもらえる。

20代女子の心をつかむため、彼女たちにとって最適なメディアを選ぶ。リアルな驚きや感動の体験を与えることを何よりも重視する。最新技術を駆使しながらも決して表には出さない。飽きさせず連続して企画を打ち続ける。自分たち自身も楽しんで取り組む。

「顧客の声や反響を見ると、もっともっといいものにしたいと思う。そのためにぼくら自身も進化していかなければ、消費者に飽きられてしまう。とはいえ、あまり最先端を行きすぎても、消費者に伝わらない。“技術を翻訳する力”が必要だ」(萩原氏)。

萩原氏の言葉は、O2Oに取り組む企業の多くの担当者の胸に響くだろう。次回はさらに深くジーユーが展開するO2Oをレポートしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の連載が本になりました。『O2O新・消費革命 ネットで客を店舗へ引きつける』(東洋経済新報社)として発売中。Kindle版などの電子書籍も展開開始。

 

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT