20代女子の心をつかめ! ジーユーのO2O

社長公認“いたずら班”が仕掛けるやんちゃ体験

「ネタの神」が降りてくる

とはいえ、毎月、驚きや感動を与える企画を立て、アプリを開発し続けるのは、簡単ではない。手間もかかる。何より、若い女の子を飽きさせない、前回キャンペーンを上回る体験を与え続けなければいけないのは、かなり大変だ。

しかし、いたずら班の2人はあくまで前向きだ。

「ネタはあふれるように出て来るので、まったく苦にならない。顧客に喜んでいただける企画をどんどん楽しく作っていきたい。楽しさや面白さは、O2O成功のひとつのキー。作っている本人たちが、面白いと思えないと、おそらくしんどいだろう」と萩原氏は、胸を張る。

消費者が本当に楽しんで参加してくれたか。それは、参加回数、クーポン使用率など数値で表れている。1人で何回も参加する消費者も多く、企画自体を楽しんで遊んでいるのがわかる。それこそが、2人の原動力になっている。

長谷氏も笑顔で言葉をつなぐ。

「僕たち2人は、“会社公認のいたずら班”。社長の柚木(治氏)にも、『やるなら楽しんで、いたずらしてくれ』と言われている」。長谷氏は、寝ているときに、突然降りてくる「ネタの神」がいると笑う。

徹底した顧客目線を持ち、メディアにも通じた担当者2人。彼らにある程度自由に権限を与え、任せている経営層の理解の深さが、ジーユーのO2O快進撃の要因のひとつだろう。

店頭にお立ち台を用意するなど、店舗側の協力も重要だ

O2Oの推進には、店舗の協力をいかに得られるかも大事。ジーユーでは、キャンペーンを行う際、事前にシミュレーションを行い、店舗でも積極的に取り組んでもらっている、という。可能な限り、接客、有線放送、ポスターなどで、来店客にキャンペーンを知らせる。

昨年、シェイククーポンの企画を実施した際には、店頭に“お立ち台”を用意。「今、ここでスマートフォンをシェイクするとクーポンが当たりますよ!」とパフォーマンスをして来店客に呼びかけたという。その効果もあり、このキャンペーンのクーポン利用率は90%を超えた。

O2Oがチラシより圧倒的に優れている

O2Oで快進撃を続けるジーユーだが、萩原氏は「ジーユーには“O2O”という戦略は存在しない」ときっぱりと言う。

いかに顧客にとって最適なメディアを選択するか。その姿勢で取り組む結果として、今は世間からO2Oと見えているだけだ、という。

次ページスマホシフトの理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 家族会議のすすめ
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。