「薄毛に悩む人」が誤解している基本中の基本

最も抜ける秋に必ずしておきたい髪のケア

実は市販の育毛剤には、髪や頭皮をかえって傷めてしまうものもあります。エタノールをはじめとしたアルコールが多いものは刺激が強すぎるので、使わないようにしましょう。アルコールが使われるのは、殺菌作用によって品質保持をする、水と混ざりにくい成分を溶かしやすくするといった理由によります。どうしても使いたい場合は、「エタノール」などアルコール成分の表示がなるべく後ろの方にあるものを選びましょう。

男性は、あえて女性用を使うのもお勧めです。というのは、男性はスーッとする清涼感が好きなので、男性用育毛剤にはアルコールが多めに配合されがちだからです。

その髪の洗い方、髪と頭皮を傷つけています

髪を洗いすぎると薄毛になると信じて、2日に1回だけ洗う方も多いようです。しかし、シャンプーの正しい方法は、1日に2度洗い。

1度目は、皮脂、汗、ほこりなどのその日の汚れを落とすために行います。2度目で毛穴にたまった汚れをしっかり落としつつ、頭皮の血行をよくするマッサージをするのです。なお、シャンプーの前に、しっかりとお湯で流すことが大事です。こうすることで1度目のシャンプーの泡立ちがよくなるので、泡が行き渡りやすくなります。頭皮全体をなでて、泡を頭皮におしつけるくらいで済むのです。逆に爪で強くこする方が目立ちますが、頭皮を傷めるのでやめましょう。

2度目は、両手のひらのくぼみと指の腹を使い、耳の上の頭皮を頭のてっぺんに向かって5回ほど押し上げます。こうすることで重力によって引っ張られて硬くなった頭皮をほぐし、縮んだ毛穴を広げて毛穴内の汚れを除去できるのです。天頂部は、手のひらで顔を洗うように優しく洗えばOKです。

シャンプーの洗い流し方もポイントがあり、男女で異なります。ほとんどの男性は、うつむいて後頭部から洗い流します。逆に女性は上を向いて、額からシャワーのお湯を浴びることが多いはずです。そのため、男性は生え際(前頭部)、女性は首の付け根部分に洗い流しが蓄積されがちです。ここをしっかりと洗い流しましょう。

ドライヤーは使わない

頭皮が濡れたままだと不潔になり、薄毛を招きます。かといってドライヤーを使うのは早計です。なるべく使わないのが正解。というのは、頭皮の乾燥を招くからです。

人間の体温だけでも髪はかなり乾きますから、タオルを軽くポンポンと当てる「タオルドライ」で十分です。ロングヘアーでも、髪をタオルで包むようにして軽くたたけばいいでしょう。タオルドライだけで、男性なら15分、長髪の女性でも80分ほどで乾くはずです。

次ページ極度の食事制限も、髪にはNG
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT