「薄毛に悩む人」が意外と知らない育毛の常識

髪や頭皮を逆に傷めていませんか

生え際の後退、気になります(写真:Rina / PIXTA)

働き盛りの男性にとって、自分の外見で気になるパーツの1つが髪の毛です。すでに薄くなってしまっている人の中には、育毛や植毛にいそしんでいるケースも少なくないでしょうし、今はフサフサでも将来的に薄毛になってしまうかもしれないと心配している人もいるでしょう。リクルートライフスタイルが2014年に実施した調査によれば、20~50代で髪への不安(ハリ・コシ、量、ボリューム、細さ、抜け毛)がある男性の7割以上が薄毛を気にしています。

私は理美容業界に長らく身を置いた経験を基にして、10年以上にわたり、薄毛や抜け毛で悩む大勢の人に発毛ノウハウや育毛商品などを提供しています。実は自分自身が一時期、かなりの薄毛だったのですが生活習慣の改善などにより、それを克服した経験も持っています。それらの知見や経験から意外とちゃんと伝わっていない育毛の常識・非常識についてお伝えしましょう。

頭皮の状態をチェック

健康な髪の人ほど頭皮の色は青白く、また柔らかいのですが、薄毛の人ほど頭皮の色は赤く、ゴム風船を膨らましたようにはち切れんばかりに突っ張っています。頭皮の下には大切な脳があってこれを守らないといけないですから、髪が無くなると、それを補うために頭皮も厚く硬くなっていき、新しい髪もどんどん生えにくくなっていくというメカニズムがあります。

頭皮を指で押し上げてみて、硬く柔軟性がなければ注意です。ところがむやみに頭皮マッサージしても、毛細血管を潰して逆に頭皮を硬くしてしまいます。ブラシで頭をたたく育毛法も正直言ってお薦めしません。これも頭皮と毛根を傷つけるだけです。頭皮マッサージをするのであれば、髪の毛の薄い部分だけに集中せず、全体をゆっくり優しくマッサージしましょう。

次ページ「薄毛は皮脂が原因」は本当?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。