「薄毛に悩む人」が意外と知らない育毛の常識 髪や頭皮を逆に傷めていませんか

拡大
縮小

薄毛に悩んでいる人の中には、育毛シャンプーとうたわれている商品を愛用している人もいるでしょう。ただ、育毛シャンプー自体に発毛の効果はほとんどありません。なんとなく髪が増えそうなイメージをフレーズにしていますが、落ち着いて考えてみると、言葉の裏の意味が見えてきます。

シャンプーの成分表示「〇〇〇硫酸」に注意

シャンプーの成分表示をご覧になったことはありますか? そこに「ラウレル硫酸」「ラウリス硫酸」など、「〇〇〇硫酸」と表示された成分があったらちょっと注意です。これらは高級アルコール系界面活性剤と呼称されているのですが、実際には石油原料で製造された強い洗浄力をもつ成分で、脱脂力が非常に強いため、頭皮や髪の皮脂を必要以上に取り去って、頭皮や髪の油分が足りなくなってしまうことがあります。

ノンシリコンシャンプーがはやっている一方で、シリコンシャンプーには注意です。シャンプーの質にこだわりを持つ美容室では、ヘアカラーやパーマを希望するお客にシリコンが入った特定銘柄のシャンプーを使っているか尋ねるそうです。

これらのシャンプーを使った髪は手触りが抜群で、まるで髪にワックスがかかったようになります。ところが、ヘアカラーやパーマ液も弾いてしまうほど強いコーティングがかかってしまって、多くの美容室では厄介モノ扱いされています。それも髪だけではなく、頭皮も同時にコーティングされてしまうので、皮膚の新陳代謝にも良い影響を与えません。美容師の多くが異口同音に、「この手のシャンプーは使いやすいが、長く使うと、もう髪や頭皮がボロボロになる」と言います。

では、せっけん系のシャンプーならいいかというと、これも一長一短。成分の安全性は高いかもしれませんが、洗髪したあと髪がゴワゴワになり過ぎて、せっけんカスが毛穴に詰まりやすくなるという研究結果があることも覚えておくといいでしょう。

久田 篤 発毛診断士

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

ひさだ あつし / Atsushi Hisada

自らの薄毛を克服した体験をもとに、誰でも髪が増やせるノウハウを構築。全国各地でセミナーや美容院への指導などを行う。その数は累計5000人以上に及ぶ。その体系だったロジックはメーカーの研究者や経営者からの信頼も厚く、育毛業界では知られた存在である。日本発毛協会認定の発毛診断士。著書に『最後に読む育毛の本』(みらいパブリッシング)など。

 

http://office-elpis.jp

https://kami-fusa.com/

 

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT