「薄毛に悩む人」が意外と知らない育毛の常識

髪や頭皮を逆に傷めていませんか

薄毛に悩んでいる人の中には、育毛シャンプーとうたわれている商品を愛用している人もいるでしょう。ただ、育毛シャンプー自体に発毛の効果はほとんどありません。なんとなく髪が増えそうなイメージをフレーズにしていますが、落ち着いて考えてみると、言葉の裏の意味が見えてきます。

シャンプーの成分表示「〇〇〇硫酸」に注意

シャンプーの成分表示をご覧になったことはありますか? そこに「ラウレル硫酸」「ラウリス硫酸」など、「〇〇〇硫酸」と表示された成分があったらちょっと注意です。これらは高級アルコール系界面活性剤と呼称されているのですが、実際には石油原料で製造された強い洗浄力をもつ成分で、脱脂力が非常に強いため、頭皮や髪の皮脂を必要以上に取り去って、頭皮や髪の油分が足りなくなってしまうことがあります。

ノンシリコンシャンプーがはやっている一方で、シリコンシャンプーには注意です。シャンプーの質にこだわりを持つ美容室では、ヘアカラーやパーマを希望するお客にシリコンが入った特定銘柄のシャンプーを使っているか尋ねるそうです。

これらのシャンプーを使った髪は手触りが抜群で、まるで髪にワックスがかかったようになります。ところが、ヘアカラーやパーマ液も弾いてしまうほど強いコーティングがかかってしまって、多くの美容室では厄介モノ扱いされています。それも髪だけではなく、頭皮も同時にコーティングされてしまうので、皮膚の新陳代謝にも良い影響を与えません。美容師の多くが異口同音に、「この手のシャンプーは使いやすいが、長く使うと、もう髪や頭皮がボロボロになる」と言います。

では、せっけん系のシャンプーならいいかというと、これも一長一短。成分の安全性は高いかもしれませんが、洗髪したあと髪がゴワゴワになり過ぎて、せっけんカスが毛穴に詰まりやすくなるという研究結果があることも覚えておくといいでしょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT