地道!40歳以上の男性がモテる3つの方法

24歳年下女性と結婚したあの人に聞く

40代男性専門の恋愛・婚活コンサルティング「ネオクラシコ」代表の青木一郎氏

明日から8月。帰省するたびに、「また独りで帰って来たのね。そろそろお嫁さんを見せて」というプレッシャーを肉親から受ける独身男性(未来の晩婚さん)の読者も少なくないだろう。

筆者自身も晩婚であり、現在の妻と結婚をするまでは親兄弟にひたすら心配をかけて来たので他人事ではまったくない。

日常生活から離れる帰省は、出会いのチャンスでもある。お見合い話が待っているかもしれないし、幼なじみと再会することもできる。気の利いた既婚者ならば、独身のあなたに「いい人」を紹介してくれるかもしれない。

しかし、加齢とともに恋愛・結婚の主戦場から遠ざかってしまうのは事実である。筆者の場合は、36歳ぐらいから口臭や体臭(加齢臭)が強くなった。若い女性と対面すると自慢や説教めいたことを言うようにもなった。完全におじさんである。

恋愛・婚活コンサルタントが晩婚だった理由

中年男性専門の恋愛・婚活コンサルタント・青木一郎さんの『40歳からのモテる技術』(PHP文庫)によると、40歳以上の男性のモテない原因は大きく3つある。

●おじさん臭い外見
●女性とのコミュニケーション不全
●慢性的な出会い不足

 

いずれも自分に当てはまる、と感じる男性は筆者だけではないだろう。青木さんに会い、「夏休みの宿題」を出してもらいたい。ちゃんと実践すれば、休み明けに(少しは)モテる中年に変身できるはずだ。

インタビュー前に青木さんに会ってみたところ、50歳とは思えない若々しい風貌で、2014年11月に24歳年下のキャリア女性と結婚したという。青木さんも「晩婚さん」だったのだ。しかも初婚。年の差婚の現実にも興味があるが、49歳までなぜ結婚しなかったのかが気になる。まずは青木さん自身の話を聞くことにした。

次ページ放蕩の限りを尽くした30代
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GAFA全解剖<br>あらゆる産業をのみ込む4巨人

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字をとったGAFA(ガーファ)。もはやこの4社の名前を聞かない日はない。あらゆる産業や社会生活に影響を及ぼすデータ独占4巨人。その実力と戦略を解明する。