30~40代男性諸君の「すね毛」事情に異変あり

脚出しファッションの流行が生んだ美脚意識

中年男性でも気にする人が増えてきました(写真:MM4/PIXTA)

梅雨入りを前に、日本全国で真夏日を記録するなど夏が近づいている。特にオフィス街では太陽光を遮る緑も少なく、アスファルトの照り返しに道行く人々もまぶしげに目を細める。ファッションも軽装となりがちだが、素肌の露出が増えるとエチケットが気になるのは、どうやら男女共通のことらしい。

「男女兼用」?のムダ毛処理剤を発見

「男女兼用」シールが貼ってあるムダ毛処理剤

千葉県内にあるショッピングセンターのバラエティショップで、「男女兼用」と目立つシールが商品パッケージの左上に貼ってあるムダ毛処理剤を発見した。商品はツルクイーンズの「ムダ毛処理剤」(店頭販売価格1400円)、パッケージには“「もさもさ剛毛」脚、腕、ワキもごっそり!” “手で直接塗って、10分後に拭き取るだけ”とある。

筆者は成人男性の中でも毛深いほうだと思っている。どれだけ毛深いかというと、足のスネ毛で「ありんこさん」を作れるレベルである。それでも、今まで特に気にせず夏でもムダ毛処理剤を使用したことはなかった。この女性専用と思われる商品に「男女兼用」とは、ムダ毛処理剤市場になにか異変が起こっているのだろうか。

次ページムダ毛処理剤の14%は男性が購入している
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。