30~40代男性諸君の「すね毛」事情に異変あり

脚出しファッションの流行が生んだ美脚意識

中年男性でも気にする人が増えてきました(写真:MM4/PIXTA)

梅雨入りを前に、日本全国で真夏日を記録するなど夏が近づいている。特にオフィス街では太陽光を遮る緑も少なく、アスファルトの照り返しに道行く人々もまぶしげに目を細める。ファッションも軽装となりがちだが、素肌の露出が増えるとエチケットが気になるのは、どうやら男女共通のことらしい。

「男女兼用」?のムダ毛処理剤を発見

「男女兼用」シールが貼ってあるムダ毛処理剤

千葉県内にあるショッピングセンターのバラエティショップで、「男女兼用」と目立つシールが商品パッケージの左上に貼ってあるムダ毛処理剤を発見した。商品はツルクイーンズの「ムダ毛処理剤」(店頭販売価格1400円)、パッケージには“「もさもさ剛毛」脚、腕、ワキもごっそり!” “手で直接塗って、10分後に拭き取るだけ”とある。

筆者は成人男性の中でも毛深いほうだと思っている。どれだけ毛深いかというと、足のスネ毛で「ありんこさん」を作れるレベルである。それでも、今まで特に気にせず夏でもムダ毛処理剤を使用したことはなかった。この女性専用と思われる商品に「男女兼用」とは、ムダ毛処理剤市場になにか異変が起こっているのだろうか。

次ページムダ毛処理剤の14%は男性が購入している
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT