30~40代男性諸君の「すね毛」事情に異変あり

脚出しファッションの流行が生んだ美脚意識

当社カスタマー・コミュニケーションズの保有する、日本最大級5000万人規模のID-POS購買履歴データベース「TRUE DATA(R)」でムダ毛処理剤の購買情報を分析したところ(2015年4~8月)、ムダ毛処理剤購入者の約14%が男性であることが判明した。女性カテゴリーの商品と思い込んでいたが、意外なほど男性にも購入されている。

男性もムダ毛に気を使っていた!

今度はTRUE DATAを使って、男性専用のムダ毛処理剤である「メンズボディむだ毛除毛フォームN」の購買データを見たところ、例年6~8月にかけて大きな需要のピークがあることがわかった。肌を露出する機会が増える初夏から盛夏にかけて、世の男性もムダ毛処理に気を使っていたことがわかる。

また、ムダ毛処理剤購入者を年代別に見ると20代がトップ(3.8%)であるものの、実は40代が2位(3.6%)、30代(2.8%)が3位となっており、50代でも1.7%と、ミドル層が広くムダ毛処理剤を購入している。この順位は男性専用商品でも変わらないため、男性のムダ毛処理剤市場は40代が牽引していると言っていいだろう。

はたして40代男性が夏にムダ毛を気にする理由は何なのだろうか。こうしたデリケートな質問をしても誰も正直には答えてくれないため、ここはネットの力を借りることにした。グーグルが提供する「アドワーズ」のキーワードツールを試したところ、「スネ毛」に関連するキーワードとして「短パン」という広告グループが表示された。ショートパンツ派はやはりムダ毛が気になるようだ。

また「フラムクリップ」も類似キーワードとして表示されるため、「短パン」社長が世の男性にショートパンツを開眼させたことは間違いなさそうである。また近ごろ流行っているロードバイクもスネ毛を処理するスポーツだが、こちらは検索量が少ないのか、キーワード候補としてムダ毛は表示されなかった。これらのことから、ムダ毛、つまり男性にとってはスネ毛を気にする理由として、短パンの流行が大きく作用していると思って良いだろう。

次ページ男性向け商品はまだ少ないため…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。