印象が改善!男の「顔面ケア」はここがツボ

「眉」「ヒゲ」「肌」はこうすれば変わる

意外と知らない顔面ケアのコツをご紹介します(Graphs / PIXTA)
忙しい毎日の中、ギトギト肌や老化などお肌のトラブルを抱えていたりしませんか?もっと顔の印象をよくする方法があったら気になりませんか。
無理のないケアで、顔の状態や印象を改善する方法について、『一流の男はなぜ爪を手入れするのか?』の著書もある男性美容研究家、藤村岳さんが伝授します。

眉毛:「初対面の印象」は眉毛でコントロールできる!

これまで眉毛に一切ハサミを入れたことがない男性は少数派のはずだ。一方で、手入れはしているけれども10代の頃の眉形を今も守っている、そんな方が多いだろう。

年齢を重ねれば、顔つきは自然に変わる。とすれば、眉も大人向けにアップデートすべきだろう。藤村さん曰く「相手に与える印象の7割は眉毛で変わる」。“初対面では必ず怖がられる”といった日々の悩みが、顔の印象を変えるだけで解消に向かうことだってあり得るわけだ。

では、実際にどのようにケアすればいいのだろう。眉毛の黄金比は、眉頭は小鼻の端の延長線上、眉山は鼻の頭と正面を向いたときの黒目の中心を繋いだ延長線上、眉尻は下唇の中央と目尻を繋いだ延長線上となるように。しかし、これはあくまでも考えのベース。毛量、太さ、生え方に加え、顔や目の輪郭、与えたい印象によって理想の眉形は変化する。そこで頼るべきは他人の目だ。まずは行きつけの美容院などでジャッジしてもらい、生え癖などを理解してからセルフケアに挑戦しよう。

次ページヒゲ剃りと洗顔の基本をおさらい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT