「フルーツだけ生活」の意外すぎる健康効果

自分を実験台にするマニアの「真意」

フルーツだけで生活する中野瑞樹さん。いったいその意図と、効果とは?
2009年9月から6年半、フルーツに代表される「果実」だけを食べて生活している人物がいる。フルーツマニア、いやフルーツ研究家の中野瑞樹さんだ。フルーツが体に及ぼす影響を調べるために水すら飲まず、自らを「実験台」にしている。果実しか食べないので、さぞ細身で弱々しい人だろうと思っていたら、圧倒された。確かにほっそりはしているが、驚くほどパワフルな人物だったのだ。フルーツはエネルギー源になりうるのだろうか。知られざる魅力に迫った。

 

――昨年、「マツコの知らない世界」(TBS系列)に出演されているのを拝見しました。テレビではすごく小柄に見えて不健康な印象すらあったのですが、顔色もよくて、とってもお元気そうですね。

マツコさんと並んだら、ダメです。誰だってげっそりと小さく見えます(笑)。私は寝込んだりしたこともないですし、いたって健康ですよ!

――2009年からもう2400日(4月23日現在)も果実だけの生活と聞いていますが、どうしてそんなことをしているのですか?

いいことも悪いことも含め、フルーツを中心とした果実が体に及ぼす影響を調べたいと思ったので始めました。他のものを食べていると、その効果がわからないので、極端なことをしています。ブドウの専門家とかはいらっしゃいますが、フルーツ全般について調べている人がいなかったので、私が体を張って、独学で。水分もフルーツからとっているので、体内の水分はほぼ果実由来です。

フルーツは糖が含まれているため太る、というのは誤解

――1日にどのくらいの果実を食べるのですか?

冬場は1日に1キロくらいで、みかんなどの柑橘類が主食です。夏になると、主食がスイカになって“かさ”が増えるので、だいたい2キロくらいになります。フルーツエンゲル係数はおそらく日本一ですね。

次ページ糖分の摂りすぎにならない?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。