外国人が殺到するイチゴ農園が宮城にあった

食べる宝石「ミガキイチゴ」は何がスゴイのか

食べる宝石「ミガキイチゴ」の生みの親である岩佐大輝氏

“ニッポン”を熱くするリーダーを紹介する、熱中ニッポン。第2回目は、高級イチゴの代表格、食べる宝石「ミガキイチゴ」の生みの親である農業生産法人 株式会社GRA CEO岩佐大輝氏にインタビュー。

糖度が高く、色や形が美しい日本のイチゴ。最近ではムンバイや香港などで高級イチゴが高値で取引されています。また、タイ、台湾では訪日旅行のイチゴ狩りがソーシャルメディアで話題沸騰。日本のイチゴ農園は、外国人観光客が押し寄せる人気観光スポットになっています。

しかし、岩佐氏は今の日本のイチゴについて、大きな危機感を持っています。その理由とは、いったいなぜなのでしょうか。

「あまおう」とどう違う?「ミガキイチゴ」

この記事はDiGJAPAN!(運営:昭文社)の提供記事です

――食べる宝石ミガキイチゴ。まずは、その特徴について教えてください。

岩佐:ミガキイチゴは、宮城県山元町で栽培されたイチゴのブランドです。お客様に一番イチゴが美味しいタイミングで食べていただくため、完熟ギリギリまで収穫せず、熟練のイチゴマイスターがベストだと見極めたタイミングで朝摘みしています。ミガキイチゴはどれも抜群の香りと甘さがありますが、最高クラスのイチゴをプラチナ、ゴールド、シルバーとグレードを分けて販売しています。1株から獲れるイチゴの数は50個ほどですが、「プラチナ」として出荷できるレベルのイチゴは、そのうちのたった1個程度でしかありません。

次ページ伝統的な職人の技とITの技術を組み合わせる
人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。