デキないオトコは「議事録」見ればすぐわかる

デキる人は会議の「後」ではなく「前」に書く!?

「オマエのつくる議事録はダメだ、その点○○さんのつくる議事録はすばらしい。見習え!」

まるで音楽に魂をかけるロック・ミュージシャンです。お前のサウンドはロックじゃない、アイツの音こそロックだ! みたいなセリフとそっくり。でも議事録は「質」はあまり重要ではありません。魂込めても意味ありません。議事録の評価は議事録そのものの質で決まらない3つの問題があるのです。

1. 好みの問題

議事録は、発言をもれなく書くべき派もいれば、決まったことだけ書くべき派もいる。書式も箇条書き派、文章派とさまざまで、個人差が大きい。こだわっても全員が納得する議事録はできません。こだわる労力の割に効果が限定されます。

議事録は人の主観で評価が左右される

2. 気分の問題

人の議事録が理解できるか、好きになれるかは、その時の気分や体調に左右されます。DFDNオトコがイライラしてた昨日はダメ出し。次の日気分が良いと同じ内容をスルーすることがよくあります。

3. 先入観の問題

「今日もお前の議事録ダメだな!」と叫んだら「これ作ったの、オレだけど?」との大先輩の一言に「エッ(汗)」と焦るDFDNオトコ……よくある光景です。心理学で「後光効果」と呼ばれる現象ですが、作った人に対する先入観(後光)が同じ資料でも評価を変えてしまいます。

議事録は人の主観で評価が左右されます。ミュージシャンのロック魂はかっこいいですが、DFDNオトコの議事録魂は効果が低くイケていない「“擬似ロック”魂」。不要なこだわりなんです。

デキないオトコとデキるひとは、議事録にこだわるポイントが違うようです。DFDN(デキるフリしたデキない)オトコは、なんでも完璧を目指す悪癖があります。DFDNオトコの議事録の特徴は、誤字脱字のない完璧な仕上がりだけど、時間がかかることです。議事録が翌日や2、3日後に配信されることも少なくありません。

次ページこんなに差があるとは!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT