デキないオトコは「議事録」見ればすぐわかる

デキる人は会議の「後」ではなく「前」に書く!?

デキるひと曰(いわ)く「議事録を翌日に配信するなんて、信じられない」。多少の誤字脱字があってもいいから、会議が終わった瞬間に配信するくらい議事録のスピードにこだわります。「議事録は、安い早い(そこそこ)うまいに限ります」がデキるひとの議事録観でした。

完璧を目指すより配信スピード

ファストフードで有名な「安い早い美味い」は、実は仕事のこだわりを決めるお作法にのっとった標語です。Quality(品質)、Cost(コスト・人手)、Delivery(納期・スピード)の3要素の頭文字をとった「QCD」というお作法です。

DFDNオトコはQCD全部満点を目指すけれど中途半端に終わるパターンが多い。デキるひとはQCDのどれにこだわり、どれを割り切るかバランスを重視します。議事録で仕事を進めるため、Quality(誤字脱字)とCost(人手)は割り切りDelivery(配信スピード)にこだわる。理にかなった「わりきりとこだわり」が、デキるひととデキないオトコの仕事の品質の差を生むことが、議事録を見るとわかるんです。

また、デキないオトコとデキるひとの議事録を比べると、2つの「タイミング」について考え方が違うことがわかります。議事録を作るタイミングと使うタイミングです。

次ページ後か前か、今か次か
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT