デキないオトコは「議事録」見ればすぐわかる

デキる人は会議の「後」ではなく「前」に書く!?

1. 作るタイミング

・DFDNオトコ:「後でしょ」。会議中は必死に記録し会議後にメモや録音を頼りに論点を整理して議事録を書く。常識的な考え方ですが、議事録の共有までに時間がかかります。

・デキるひと:「前でしょ」。デキるひとはなんと議事録を会議の前に書きます。秘訣は議題(アジェンダ)です。アジェンダと決めるべきことをあらかじめ想定。会議の筋書きがわかるから、会議の前に議事録が書けるというわけです。

議事録を証拠として使えば緊張感を生む

2. 使うタイミング

・DFDNオトコ:「今でしょ」。今回の会議の内容を、会議に出た人、出ていない人に共有。共有された後、議事録が再び開かれることはほとんどありません。使われるのは今回だけです。

・デキるひと:「次でしょ」。会議で決まったアクションを、次の会議で確認。議事録は一種の「証拠」。「これをやることになってましたよね」と前回の議事録を会議で見せると迫力が出ます。会議に良い緊張感を生むお作法です。

ちょっと古い表現ですが(笑)、デキるひとは会議の先手をとって準備して、仕事を進める。そのためのツールとして議事録を使っていました。デキないオトコは会議の後手に回り、追いかける形で議事録を必死に書く。デキるデキないの差が歴然と出る、議事録はあなどれないツールだと気づかされます。

仕事のすべてにこだわるとすべてが中途半端に終わる。スピードならスピードに徹底的にこだわり後は割り切る。議事録ひとつで、デキるひととデキないオトコの仕事観が透けて見えます。驚異的なスピードで成長したあのベンチャー起業家のこの言葉も、そんな仕事観を伝えたかったのかもしれません。

Done is better than perfect. 完璧を目指すよりまず終わらせろ~マーク・ザッカーバーグ

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT