近ツー、「元サヤ」戦略で消費バブル取り込む

別れたクラブツーリズムと再統合の真相

定年後の団塊世代が嘱託などの非常勤からも退職する「完全定年」の広がりから、旅行各社は国内外への長期ツアー客の拡大に期待を寄せている。

アベノミクスへの期待先行で株価が上昇したことに伴う、資産効果も大きい。富裕層の中でも暇を持て余したシニア世代を中心に、旅行商品を今までよりもランクアップしていく傾向がある。高額消費にバブルの兆しも出ていることは、旅行各社の新年度業績に好影響をもたらしそうだ。

旅行業界2位のKNT(近畿日本ツーリスト)も、かつての収益水準には及ばないものの、前2012年度(12年1~12月)は増収増益で着地した。今13年度は、グループのクラブツーリズムとの統合で新会社「KNT-CTホールディングス」となり、収益規模を一段と拡大する見込みだ。

業績悪化でクラブツーリズムをファンドに売った過去

KNTとクラブツーリズムとは、もともと“同根”の会社同士。KNTは国内旅行「メイト」、海外旅行「ホリデイ」など個人向け旅行商品に加え、企業や学校等の団体旅行も手掛ける総合旅行会社として知られる。

一方のクラブツーリズムは、2004年にKNTから分離独立した。シニア世代にターゲットを絞った会員組織型の旅行会社であり、会員向け雑誌「旅の友」や新聞広告でテーマ性の高い旅行商品を企画・告知・集客する。

そもそもKNTは01年1月に、2年後をメドに日本旅行と合併すると発表したが、米国同時多発テロなどから業績が急悪化し約1年後に撤回した経緯がある。その後、04年にはクラブツーリズムをファンド出資の受け皿会社に250億円で売却し、当時抱えていた繰越損失118億円を一掃した。

次ページクラブツーリズム再統合で財務が改善
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT