マレーシアの娯楽大手、ゲンティンに投資する

オリエンタルランドを上回る成長力

ここまで、インドネシアやタイについて解説をしてきましたが、今回はマレーシアのオススメ銘柄について解説します。

マレーシアは、1人当たりGDPが1万ドル以上と、タイの2倍、インドネシアの3倍程度で、ASEAN主要国の中でシンガポールに次ぐ経済発展を遂げている国です。私は自身の投資のための調査や、資産運用のアドバイスをしているお客様の海外移住・海外不動産投資についての情報収集をかねて、ここ2年ほど、毎月のように東南アジアに出張しています。

クアラルンプールとバンコクには、明確な差がある

その中で、よく感じるのは、マレーシアの首都KL(以下、クアラルンプール)とタイの首都バンコクの間に、新興国と中進国の「分岐ライン」があるということです。バンコクでは市の中心部で、落ち着いて散策でき、屋外で飲食を楽しめるような場所はまず見当たりません。その点、たとえばKLのKLCC地区やブキット・ビンタン地区であれば、車もそれほど混み合っておらず、静かなうえに、歩道もゆっくりと散策できるだけの余裕があります。最近は、屋外カフェも見かけるようになってきました。

KLを中心として、世界的にみても、中進国と呼ばれるところまで発展してきているマレーシアでは、タイやインドネシアのように基礎的な産業や製造業、小売業だけではなく、サービス業も含めて投資対象としていくべきでしょう。

次ページ1人当たりGDPが1万ドル超で、はやるビジネスとは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。