三菱UFJより高収益、世界一の銀行OCBC

米ブルームバーグも認める、シンガポールの金融力

シンガポールのマリーナ・ベイ・サンズホテル。1人当たりGDPは米国や日本よりも上(筆者撮影)

ここまでインドネシア、タイ、マレーシアとオススメの投資先について紹介してきましたが、今回はシンガポールです。

高付加価値企業と、優秀な人材が集まる国

シンガポールは多くの方もご存じかと思いますが、ASEAN随一の豊かな国です。IMFの統計によると、2011年時点でシンガポールの1人当たり名目GDPは約4万9300ドルと、日本(4万5900ドル)はもちろん、米国(4万8300ドル)も上回る、世界有数の豊かな国です。

ここまで成長してきたシンガポールは、必然的に金融やIT、医療や教育といった高付加価値産業を世界から集めるべく、競争力のある税制や規制を整えています。

こうした制度だけでなく、企業へのサポートにも積極的です。知り合いのIT起業家のところには、シンガポールに拠点を作ってくれれば、法人税を優遇するうえ、現地でエンジニアを採用した場合にはその人件費も政府が全額負担するというオファーがあり、長期的には本社機能をシンガポールに移すことを考えているようです。

発足からわずか10年でバイオテクノロジーの世界的な研究拠点となった「バイオポリス」も、上記の高付加価値産業を呼び込むべく、同国政府が全面バックアップしている施設です。

次ページ税制もきわめて魅力的
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。